忍者ブログ
近況報告&日常のことです
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日、歯の定期健診&ちょっと痛いところがあったので歯医者に行ってきた。今行っているところは我が家から車で30分かかる結構遠いところ。だけど行く理由は託児があるから。託児のある曜日、時間帯は決まっているけど、それでも子どもを見ていてもらえるのは助かる。歯の方は、ぱっと見た感じどうこうと言うより、歯槽膿漏じゃないかと。え~一応まだ若いのに・・・。(←そう思っているのは本人だけかもしれないが)ちょっと様子見て、次回(来週)経過を見てそれから銀歯を外すか判断しましょうと。歯槽膿漏といわれ、ちょっとショック。歯を磨けば治るもんなの??
 余談だが、旦那もただいま歯の治療中。差し歯の根っこが悪くなっていたのでその治療。歯は無事なので、治療のあとにまた新しい差し歯にしてもらえるみたい。今回は奥歯だから保険の歯でいいや。仕事が忙しくないうちにじゃんじゃん通ってさっさと治して欲しい。そうしないと、冬になっちゃうからね。(冬=旦那は仕事で忙しく、私と子どもは風邪ばかりひいて通院が始まるので)

 小さい子どもを持つ親としては、こういう託児サービスは助かる。いくつか託児のある場所を知っているんだけど、私が気軽にお願いできるところは全部家から遠く、必要な時間に空いていなかったりする。
 例えば検査。朝一番に行かなくちゃいけないのに、その時間帯はやっていないうえに、検査のある病院からも遠すぎる。これでは意味がない。(だから検査に行かないという、ちょっと悪循環。念のためくらいの検査だからいいんだけど。)
 一応、いよいよの時は家の目の前に託児所があるので、そこにお願いするつもりなんだけど、いよいよになる前に練習で行かせたほうがいいのか、でも、一日預けて5.6千円じゃちょっと気軽に練習も出来ない。

 そうそう、最近「ここに託児所があれば・・・」と思うのが、商店街の中。空き店舗も多いんだし、いいじゃん!というのは素人の発想だとは思うけど、商店街に託児所があれば、美容院にも気軽に行けるし、化粧品店でもハラハラしないで買い物が出来る。商店街に病院もあるので通院も楽だし、何より、商店街で働く若いお母さん達が子どもを近くに預けられるのはメリットだと思う。(呼ばれても近いし、小児科も近いからすぐに病院にも行けるしね。)
 一応子育てサロンに、一時預かりのシステムがあるみたいなんだけど、1回3時間以内という話を聞いた。3時間だと普通の買い物程度はいいけど、美容院でカットとカラー(またはパーマ)をしたら3時間以上かかる。それだと時間がすぎてしまう。だからといって毎回ひとつづつ「今回はカットだけ、今回はカラーだけなど」やっていたら手間がかかる。カット・カラー・パーマの3つが一度にじゃなくてもせめて2つくらいはいっぺんにやりたい。そう考えると、希望と現実がちょっと合わない気もする。まぁ、カットだけならすごく助かるシステムだけど。
 
 託児システムは万が一怪我したらなどの問題もあるので、そう気軽にできないことは分かるけど、病院ごとじゃなくてもいい、美容院ごとも無理だと思う。せめて人が集まるところに気軽に使える託児があればなと思うのであった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ほんと、もっと託児があると繁盛するだろうに・・・と思うところありますよね。
こちらの市では託児つきの美容院が1つありますが、なぜ他のところはしないのか???
謎で仕方ありません(^-^;
おひさまハハ URL 2007/10/13(Sat)20:10:06 編集
 
こっちにもあることはあるのですが、いろんな美容院を回った末、やっぱり今行っているところが一番技術が安定しているので、それを変えたくないんですよね。商店街には美容院もいっぱいあるからほんとに託児所を作って欲しいです。誰に提案したらいいんだろう?
【2007/10/13 22:07】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
(10/22)
(09/11)
(08/15)
(12/31)
(11/09)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ころ
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
通販カタログを読むこと
このテンプレートについて
このブログ内のテンプレートは、すべて『ふわふわ。り』さんよりお借りしています。
忍者ブログ [PR]