忍者ブログ
近況報告&日常のことです
[521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 よっしーの幼稚園はキリスト教教育の幼稚園なので、クリスマスは園にとってどの行事よりも一番重要で、先生方の気合の入り方も全く違う。
普段は運動会ですら普段の保育の延長という考え方な位ゆるい。
年長は礼拝中にイエス様が生まれるまでの劇をやり、それが終わると年少・年中の楽しい音楽会が始まる。こちらは完成度はクラス次第(苦笑)

よっしーは年長なので劇なのだが、この劇もセリフのある役と聖歌隊(歌うたう人)に分かれる。
よっしーは役の方を担当し、気心知れた仲間とあるシーンを受け持つ。(←この辺りも先生の配慮が感じられる)
まぁ、一応先生に様子を聞いておこうと様子を聞いたらかなり真面目に、しかも張り切って頑張っている。持ち前の記憶力を活かしてセリフもバッチリと聞いていたので安心して、「念のため、当日に困らないよう、様子を見て何かお願いします」と先生に言うと、「本人と話をし、不安な部分の対応を一緒に考えます」と言ってくれたので、このまま全部園にお任せしようと思った。

ところが、リハーサルで緊張してしまいセリフを忘れ、同じ役のお友達に教えてもらったら、後から先生に「人に聞いちゃだめだよ」と言われ、それを引きずって次の日も間違えたらしい。本人からその一連の話を聞き、ちょっとモンスターペアレンツ覚悟で先生に「先日の間違えから引きずってしまっているようです。このまま不安で当日を迎えてしまうと当日パニックを起こす可能性があるので、もう一度セリフを覚え直ししてもらえませんか?覚え直ししてあげれば大丈夫なので。」とお願いする。
先生もその日のうちに対処してくれたようで、その日の帰り、「今日はちゃんとできたよ。本番も大丈夫!」と言った。親は一安心。先生ありがとう。

当日は、一回フライングしそうになった部分はあったけど、大きい声で堂々とセリフが言えていた。
毎年途中でセリフを忘れたり、緊張して泣き出す子がいて劇が止まるんだけど、今年はみんな自分の役を完璧に全うしていて一度も止まらずに終了。
よその親御さんにご迷惑をおかけしなかったことに私は一安心し、頑張ったことをすごい褒めてあげた。

指導はなかなか厳しかったようでやる気のない子なんかはよく先生に怒られていたみたいだし、他の行事で「練習はしているけどみんなと気持ちは違う方向向いています。」と言われることもあったけど、やる気いっぱいで怒られることなく、みんなと同じ方向向いて頑張れたことに成長を感じた。

次は発表会で、3年間でできるようになったことなど発表するんだけど、彼は何をするんだろう?
それが終わったら卒園かぁ~。
おっと、その前に旦那の会社卒業(笑)があるんだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
(10/22)
(09/11)
(08/15)
(12/31)
(11/09)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ころ
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
通販カタログを読むこと
このテンプレートについて
このブログ内のテンプレートは、すべて『ふわふわ。り』さんよりお借りしています。
忍者ブログ [PR]