忍者ブログ
近況報告&日常のことです
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
先日、ママ友が家を新築したので、お祝いに行った。
去年の夏、「温泉付きの土地を購入したのよ。家完成したら遊びに来てね」と言われていて、勝手に新しい分譲地を買ったんだと思い込んでいた。
ところが、案内された通りに車で進むんだけど、そんな新しい分譲地は見つからず、どこを見渡しても我が家の団地と同じ香りのする家ばかりが立ち並ぶ。
かなり坂を(いや、丘を?)上ったところにママ友の家があった。
中から外を見るとすごく景色が良くて、でも、イメージと違っていたので「ここ、前に誰かが住んでいたのを更地にしてから売りに出したの?」と聞いたら「某社の社長が別荘を建てるために持っていたんだけど、お亡くなりになったから売りに出したんだって・・・」って、某社って旦那の勤め先じゃないですか!そりゃ景色が良くて温泉が出るわけだわ。

時を同じくして旦那、某社の元上司から電話があったらしい。
「今どうしている?こっちはb土日、人手が足りないんだよね。忙しい。」
と言われたらしい。
だからなんなんだよと思っていたら「いやー大変でね」と言われ、「他の人がきたから切る」と言われて電話が切れたらしい。
某社つながり?

そして今日、また同じ元上司から電話があったらしく、「悪い話じゃない、会わないか?いつ空いている?」と聞かれたらしく、旦那が「しばらく忙しいので・・・」と濁したら「土曜日なんてどうだ?また連絡するよ」と言われたらしい。
旦那が「『この前、前の会社の先輩にあった時、事務所社員の休日出勤や深夜残業は禁止になった分、日曜の仕事が人が足りなくなって大変になった』って言っていたんだよね。多分まだ新しい会社決まっていないからバイトに来ないかって言うんじゃない?嫌だから断るけど・・・」と。
副社長が変に人件費削減ばかりするから、現場が大変になっちゃったんだね。
旦那もみんなには気の毒と思うけど、だからといって戻りたくはないみたい。
いや、戻ってほしくもないけど・・・。
PR
旦那がいよいよ試験の日です。この資格は筆記と実技に分かれていて、筆記を合格しなければ実技に進めず、実技は実技で経験が無いとなかなか大変らしい。(でも、ちゃんと数をこなしていれば通れるものらしい)
この試験に通って実技もクリアして資格を取得してくれないと、残念ながらこの業界での就職は厳しい話になります。

で、その試験、実は一昨年受けてあと4点くらいで筆記で不合格。
去年は上司の仕事上のトラブルの穴埋めに行き試験を受けられず・・・と、まだ筆記すら通れていない状況。

今年はかなり厳しく言い、更に職業訓練校でもこの試験対策がメインのようで、職業訓練校でも過去問を解いてなんだかんだとやってきた。6割で合格中、一応8割はどんな試験でも取れるレベルにはなったみたいだけど、この人、油断しやすい人だから「いや、8割じゃダメだ!9割目指せ!!」9割とっても「本番じゃもっと難しいかもしれない。だから満点目指せ!!」と。いや~なんて鬼妻なんだろう(笑)
いえ、仮に私が鬼でもなんでも、実際に試験で取れてくれればそれでいいんです!

でもね、こんなに言うけど、これ、工業高校の高校生ならたいてい卒業するまでに持っているんだよね(苦笑)

そして、来週はまたまた工業高校の高校生が卒業するまでには持っているという危険物乙4試験。
勉強期間一週間で乙4の勉強もできるのか?

まずは今日の試験の出来だな・・・。
あと数時間で試験開始かぁ・・・。
旦那が夢中になっているメダカちゃんたち、毎日元気に泳いでいる。
そして、旦那が毎日一生懸命お世話しているメダカちゃんの卵、10日くらい前に1匹孵化した。
針の先みたいですばしっこいのでハーリーと命名。

その後、卵から目玉は見えるんだけど、なかなか孵化しない。
1週間経っても孵化しないからハーリーのお友達は生まれないのかな?と思っていた。
でも昨日、もしかして温度が低いせいかな?と思い、卵水槽を外に出してみた。
病院に行っている間外に出していたんだけど、帰宅後様子を見ると・・・2匹も孵化してる!!
今までは温度が低かったからダメだったんだね。
ハーリーちゃんに友達が出来たのはいいんだけど、まだ孵化したてなので、数日たたないと同じ容器には移せないかな。

これから暑くなるのでどんどん新しい生命が誕生するのかな?
最近の旦那の楽しみは・・・生物観察。
メダカの観察とお世話をして、卵の世話して、子ども達の朝顔と向日葵が育つ様子を観察して、家庭菜園のトマトやキュウリ、ピーマン、ブルーベリー(今年は初の豊作!)の育ち具合を見て・・・。

実際にメダカの水替えをしたり、えさをあげたりするのは私だし、家庭菜園の世話や草取りをしているのは私なんだけど、様子を見るだけで癒されるらしい。

心に潤いが欲しいからと購入したメダカだが、ちゃんと役割を果たしているね!
昨日、よっしーの家庭訪問の日程一覧が配られた。
私は先生に話すことが多いから一番最後にしてくれとお願いしてあったので一番最後だった。
プリントに「保護者同士で変更した場合は担任に連絡を」と書いてあったけど、誰も私の連絡先を知らないので、変わってくれと言われることはない。うん、気が楽だ(笑)

さて、そのプリント、クラスの子の名前が漢字で書いてあった。
旦那がそれを読んだのだけど、ほとんど読めていなかった(汗)
幼稚園の時も読めていなかったっけ・・・。
私は幼稚園でちょっと免疫があったので、最近の子どもの名前は6割くらいは読めるのだが、旦那は3割も読めなかった。
どうしても読み方が昭和の読み方になってしまうらしい。平成の子の名前って同じ漢字でも昭和の子とは違う読み方だもんね。
子どもはひらがなで覚えるので、旦那が間違えると即訂正。
大人には、横にひらがなが無いと漢検?と思うような難読語が多い。
だんなは名字の時点で読めない人が多かったが、幼稚園よりは変わった名字の人少ないんだけどね・・・。

その中で平成の子なんだけど、おばあちゃんの兄弟と同じ名前で多分漢字も同じ女の子がいた。
私達世代でもなかなか聞かない名前なので、逆に古風で新鮮だった。
(ちなみに、おばあちゃんや亡くなったひいおばあちゃんはわりとハイカラな名前だったし、母はど田舎出身なのにカタカナの名前。今ならハーフ?って聞かれるかもね)

きっと幼稚園や保育園で先生していた人なら普通に読めるんだと思うけど、そうでない一般の昭和脳の人には、子どもの名前ほど難しい漢字テストはないと思う。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(10/22)
(09/11)
(08/15)
(12/31)
(11/09)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ころ
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
通販カタログを読むこと
このテンプレートについて
このブログ内のテンプレートは、すべて『ふわふわ。り』さんよりお借りしています。
忍者ブログ [PR]